給湯器の種類と機能


設置場所

給湯器の種類ってやたら多いけど--何が違うの?

確かに多いですよね、給湯器の種類。家庭用住設機器の中ではダントツの多さ。でも、それには理由があります。
その理由は大きく分けると二つあります。一つは設置する場所による制約、もう一つは使用する人が必要とする機能です。
設置する場所の制約が比較的少ないのが戸建て住宅です。早い話、エコジョーズ型の排気温度が低い給湯器を屋外 に設置するなら、排気吹き出し口周囲を覆うようなものがない限り、大体どこにでも付けられます。で、屋外に設置できる 給湯器の種類は2種類あります。壁掛型と地面据置型です。壁掛型は給湯器をネジで壁に固定する設置方法で配管類が 給湯器本体の下側に集まっています。多くの場合、壁に穴を空けて、これらの配管類を屋内に引き込みます。この設置方法は 工事が簡単なので、短時間で取り付けられる、という利点があるのですが、重い給湯器を壁が支えなければならないという欠点もあります。 もちろん、中で壁を支えている胴縁という下地の角材を利用したり、新たに壁に補強材を取りつけたりするのですが、壁の負荷は相当なものです。 給湯器の重量は軽いものでも25kgくらいで重いものだと40kgくらいになり、まして中に水が入った状態だと45kg以上にもなります。 そんな重いものを外壁材などの壁ではまったく支えきれません。 そこで、このような場合に、地面に土台を作ってその上に給湯器を置くタイプが用意されています。それが屋外据置型の給湯器です。 このタイプの給湯器は配管類が横に出ています。 そしてもう一つ、戸建て住宅向けには屋内設置型の給湯器があります。このタイプの給湯器は屋内に本体を設置しますが給排気は 外気を利用します。そのため給湯器の上部または裏側に給排気のための筒がついているのが特徴です。筒が一本の場合は強制排気型 で、燃焼のための空気を給湯器が設置されている場所から取り、排気は屋外に出します。(この場合は外気を取り入れるための換気扇 が必要です) 大体このタイプの給湯器は型番にFがつきます。筒が二本の場合は強制給排気型で、燃焼のための給気も排気も屋外に得ます。 当然ながら、室内設置型の給湯器を設置する場合は、給排気のための筒を屋外に出すための穴を壁にあけなければなりません。 このタイプの給湯器の型番には、メーカーによって違いますが、FFが付くことが多いようです。
集合住宅の場合
集合住宅、主にマンションの場合は建物の構造上設置に制約が出ます。マンションの設置可能な場所は殆どの場合、ベランダかパイプシャフト (PS)かのどちらかで、ベランダ設置の場合は戸建て住宅と変わらない条件で設置できます。一方パイプシャフトに設置する場合は、パイプシャフト の位置が問題になります。まず、パイプシャフトが完全に開放されていて外気が十分に入ってくる廊下に面している場合ですが、 設置可能な給湯器には次の3つのタイプがあります。

PS標準設置 PS標準設置型
パイプシャフト(PS)に設置する標準的なタイプです。

アルコーブ設置 アルコーブ設置型
玄関が廊下から引っこんだ位置にある場合、排気方向を外気に向けて変えるアダプターを備えています。

PS扉内設置 PS扉内設置型
給湯器が階段やエレベーターの前に位置する場合、給湯器本体前面を鋼製扉で覆わなければならないと「ガス機器設置基準及び 実務指針」で規定されているので、これに従い、扉内に給湯器を入れて排気口だけを扉に穴をあけて出しています。
「ガス機器の設置基準及び実務指針」は法規制ではありませんがそれを補完する基準として規定されたもので、給湯器はこの指針に従って 設置されています。 パイプシャフト(PS)が面している廊下が閉じられていたり、部分的に開放されている場合は次のようなタイプの給湯器を取り付けなければなりません。

後方排気延長 PS扉内設置後方排気延長型
給湯器の後方から排気管をとり出し、廊下をまたいで外気に排気できるように延長します。

上方排気延長 PS扉内設置上方排気延長型
給湯器の上方から排気管をとり出し、廊下をまたいで外気に排気できるように延長します。

上方排気延長 PS扉内設置前方排気延長型
給湯器の前方から排気管をとり出し、廊下をまたいで外気に排気できるように延長します。

横浜を中心に神奈川全域、東京南西部にお住まいの皆様が給湯器の交換、お取り換えをお考えなら J'sハウジングにおまかせください。 どこよりも迅速な対応と丁寧なサービス、そして飛び切りの格安価格をお約束いたします。
電話:045-232-4409

給湯器の種類

ふろ給湯器
給湯と追いだき機能を持った給湯器。追いだきは給湯とは別系統になっていますので、追い焚きしている最中にどこかでお湯を使っても、湯量や温度に影響が 出ることはありません。また、追いだきには浴槽内のお湯が循環して使われます。

給湯器
単機能給湯器とも呼ばれています。給湯だけの機能しか持っていません。おふろはこの場合、浴槽内の壁に水栓を付けて、浴槽の上からお湯を入れることになります。

高温水供給式給湯器
お湯を浴槽内の穴から供給します。追いだき式と同じ効果がありますが、お湯は水道水を沸かして供給します。浴槽内のお湯を循環して使ってはいません。


給湯器の号数

号数は、水温+25℃のお湯を1分間に出せる量(1リットル単位)の目安としてメーカーが規定しています。例えば1分間に10Lの水温プラス25℃のお湯を作れれば10号、 16Lなら16号、24Lなら24号となります。出湯量や出湯温度は季節によって、配管の長さや太さなどによって変わってきます。夏と冬とでは倍くらいの差がでますし、 給湯器から蛇口までの距離によっては途中で失われる温度にも違いが出ます。
家庭で使うときの目安は、寒冷地を除いて、16号ならどこか一か所、20号なら二か所、24号なら三か所の同時使用が可能と考えれば良いでしょう。

ページの先頭へ